【サッカー人気2位】準備が功を奏した部分と修正されない穴 …

松本雷鳥通信

【直前寸評】強豪に意地を見せた前節の手応えを、ユアスタまで持っていけるか?

日曜日開催→土曜日開催。普段よりも準備期間は1日短く、真価が問われる

前節・FC東京戦で引き分け、勝点1を積み上げた松本山雅FC。首位争いの最中にある強豪から勝点を得て、試合内容も前向きなもの。ゲーム戦術もハマったことでFC東京相手に惜しい場面も作り出し、試合後には選手たちも「勝点3が欲しかった」と異口同音に述べるなどポジティブな雰囲気だった。
その勢いのままに、今節はベガルタ仙台との一戦となる。遠距離のアウェーゲームということもあって、難しい展開となることも想定される。

(残り 849文字/全文: 1154文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック