JリーグにやってくるFC今治に気になる存在がいる(J論)

松本雷鳥通信

【雷鳥報道・ユース】2019Jユースカップ1回戦、松本山雅U-18は2-0で勝利!

 

ゴール裏で喜びを爆発させる松本山雅U-18の選手たち

14日、2019Jユースカップ1回戦『松本山雅FC U-18 vs ベガルタ仙台ユース』がサンプロアルウィンで行われた。台風19号の接近により13日から順延となった同試合だったが、サンプロアルウィンに駆けつけたファン、サポーター、関係者が雨中にあっても熱い声援を送った。
試合は20分過ぎから松本U-18の流れとなり、幾つかの得点機を創出するも決定力に欠けてスコアレスで折り返すと、後半も同様に攻撃の形は作れているもののフィニッシュの精度が足りずに0-0のまま終盤に突入する。
しかし選手交代などで活性化した松本U-18は、その直後の75分に中村海斗のゴールで均衡を破る。大きな先制点が飛び出して場内が沸く中、松本U-18の選手たちは浮き足立つことなくプレーを続けた。80分には竹内壮志がダメ押しとなる追加点を決めると、その後も冷静な試合運びで仙台U-18に反撃の糸口を掴ませず、2-0で勝利を飾った。
(取材/多岐太宿)
※ゲームレポートは明日掲載予定です。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック