【サッカーパック人気4位】 「生まれ育った集落は3つの家庭、14人しか住んでいませんでした。隣の集…

松本雷鳥通信

【直前寸評】敵地での“ビッグマッチ”に向けて、出来得る限り最善の準備を

2日間のオフで心身をリフレッシュし、鳥栖戦に向けて準備する

アウェイのヤンマースタジアム長居で行われた前節・C大阪戦では、上位チーム相手に1-1の引き分けへ持ち込んだ松本山雅FC。敵地で早い時間に先制を許すなど難しい試合展開となったが、あくまで下を向かずに勝ち点1を獲得したことは何よりの収穫だった。そして2日間の休息をとったチームは、6日より活動を再開させている。今週末に行われる第31節・鳥栖戦はビッグマッチだからこそ、最善の準備をして臨まなければならない。

(残り 790文字/全文: 1088文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック