【サッカー人気3位】Jリーグ再開の新プラン。当面、東西に分…

松本雷鳥通信

【鳥栖vs松本】反町康治監督記者会見コメント「もっと大胆に仕掛けていかなければ何も生まれないわけであって、スピードを変えたり果敢にチャレンジしたりとか、そういう姿勢が足りなかった」

■明治安田生命J1リーグ第31節
11月10日(日)鳥栖 1-0 松本(15:03KICK OFF/駅スタ/16,313人)
得点者:13’金井貢史(鳥栖)
———-
鳥栖監督コメント(jリーグ.jp)
●反町康治監督(松本):
「30試合を終えて、ここまで来た。その成果を、この1試合にかけてやらないといけないという話をして送り出しました。こういうゲームはセットプレー等々で決まることが多いんですけども、我々は取れなくて鳥栖さんは取れたという形になるかも知れません。
少しケガ人が出て辛い事情があるのは否めませんが、それでも試合は進んでいくので、その中で最高の選択をして送り出さないといけない。残り3試合ですが、プラスアルファも考えながらやっていかないといけないと現時点では考えています。最後の最後まで闘志を剥き出しにしてやってくれたことは本当に感謝していますし、全体的にチャンスメイクあるいはチャンスで決められるかという我々の問題点を解消していかないといけないと思いました」

(残り 1023文字/全文: 1459文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック