【サッカー人気5位】【ニュース】Jリーグ、45クラブ(20…

松本雷鳥通信

【鳥栖vs松本】試合後の選手コメント:飯田真輝「失点についてはもったいない失点でしたけど、自分たちで変なアクセルを踏んでしまった」中美慶哉「自分のところでのミスが多かった」+藤田息吹

■明治安田生命J1リーグ第31節
11月10日(日)鳥栖 1-0 松本(15:03KICK OFF/駅スタ/16,313人)
得点者:13’金井貢史(鳥栖)
———-
試合後の選手コメント(jリーグ.jp)

●飯田真輝選手:
Q:0-1での敗戦となったが、試合を振り返って?
「雰囲気とか勢いとか、ちょっと何年か前の町田戦(2016シーズン・J2第41節)に似ているのかなと。失点についてはもったいない失点でしたけど、自分たちで変なアクセルを踏んでしまった。球際で勝てず、長いボールを入れたところでも拾えず。そういうゲームでしたけど、ボールを落ち着かせることがチームとしてできなかったことが原因かなと思っています」
Q:シーズンも残り3試合となったが、どのような意気込みで臨む?
「今日は負けましたけど個人的には手応えがなかったわけではないし、今の状態が悪いわけではない。ここまで少しずつサッカーを変化させながら、積み上げてきて、良い状態にいる。また次節まで2週間あるので、自分たちが今やっていることのレベルを上げていくこと。それだけだと思います」

(残り 1318文字/全文: 1787文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック