サッカーライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

松本雷鳥通信

【鳥栖vs松本】レビュー:最後まで良さを出し切れずに“シックスポイントゲーム”を落とし、残留争いを一歩後退

■明治安田生命J1リーグ第31節
11月10日(日)鳥栖 1-0 松本(15:03KICK OFF/駅スタ/16,313人)
得点者:13’金井貢史(鳥栖)
———-
試合ハイライト(YouTube)

今節のデータ(Jリーグ.jp)

●戦評
今節のMOM=金井貢史

『アウェイ2連戦』の2つ目は、注目の“シックスポイントゲーム”。前日に湘南が敗れたため、勝てば自動降格圏から脱却できる松本山雅FCとしては何としても勝利の欲しい一戦だが、その思いは相手のサガン鳥栖も同じ。勝てば残留争いで一歩優位に立てるだけに、地の利も活かして序盤から攻勢を仕掛ける。

(残り 1373文字/全文: 1645文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック