タグ祭り!ライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

松本雷鳥通信

【雷鳥報道・トップ】時計の針は戻らず。だからこそ、残り試合に全力を

前節・鳥栖戦の試合後、強い決意を述べた橋内優也

“大一番”は、あまりにも苦い結末で終わった。前節・サガン鳥栖戦は、松本山雅FCにとってJ1残留を手繰り寄せるためにも勝たなければならない一戦だったが、勝利を渇望するのは鳥栖も同じこと。試合開始直後から主導権を握られ、早い時間で先手を取られると、そこから追いつき追い越すことは最後までできなかった。

(残り 899文字/全文: 1138文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック