【サッカー人気2位】あらためて考えたい「読み書きそろばん」…

松本雷鳥通信

【松本vs横浜FM】レビュー:受け入れなければならない敗戦の現実。しかし、まだ何も決まっていない

■明治安田生命J1リーグ第32節
11月23日(土)松本 0-1 横浜FM(14:04KICK OFF/サンアル/19,744人)
得点者:2’仲川輝人(横浜FM)
ーーーー
試合ハイライト(YouTube)

今節のレポート(Jリーグ.jp)
今節のデータ(Jリーグ.jp)

●戦評
今節のMOM=仲川輝人(横浜FM)

この日のサンプロアルウィンには、歴代最多記録を更新する19,744人が来場。ホームの松本山雅FCサポーターのみならず、多くの横浜F・マリノスのサポーターも首位浮上を目指すチームと共闘した。
素晴らしい雰囲気の中で始まった試合は、試合開始直後の2分に“決勝点”が生まれてしまった。右サイドでパスを受けた仲川輝人がカットインしながら、松本守備人を振り切って左足シュート。これが決まって、アウェイチームに先制を許してしまう。
その後はセットプレーやカウンターに活路を見出すものの、横浜FMの強度の高い守備の前に1点が遠い。57分の決定機なども決めきれず、今季初出場となるイズマの投入や4バックへの変更など手を尽くしたもののゴールを奪うことはできなかった。

(残り 1273文字/全文: 1746文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック