【サッカー人気1位】J1リーグの7月4日再開は、喜ばしい話…

松本雷鳥通信

【2019アディショナルタイム】ストーブリーグ短信/12月28日までのトップチーム動向

▼現在までに14選手(期限付き移籍も含む)が退団。チームの再構築が進む

2019シーズン終了から12月28日までに、松本山雅FCから2選手の加入(期限付き移籍からの復帰も含む)と10選手の退団、4選手の期限付き移籍がそれぞれ発表された。
加入選手としては、森下怜哉(C大阪)を期限付き移籍での獲得、岐阜に期限付き移籍していた塚川孝輝が復帰することになった。一方でレアンドロ・ペレイラが引き続き広島、安東輝が水戸、小松蓮(今季は金沢でプレー)が山口、ハン・ヨンテ(今季は鹿児島でプレー)が栃木に期限付き移籍することが決まっている。
また28日にはセルジーニョとイズマの契約更新も発表された。

(残り 795文字/全文: 1086文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック