【サッカー人気3位】ワクワクするスタメンと反する結果、レノ…

松本雷鳥通信

【閑話休題・こと】2019年 編集後記 -本年、最後の御挨拶にかえて-

2019年11月30日@パナソニックスタジアム吹田

早いモノで12月31日を迎えましたので、この御挨拶をもって2019年の最終更新とさせていただきます。
SNS離れに加速のかかった2019年、この場であらためて振り返らせていただきますと、個人的に色々な仕事を任せていただいた1年でした。名前が出る仕事もあれば、出ない仕事もありましたが、なんとか納品先に迷惑をかけることなく務め上げられたことは率直に安堵しております。先日は人間ドックを済ませてきたのですが、フリーランス云々は関係なくとも、身体が資本のライター稼業。その辺は今後も無理をせず、労わりながら仕事していきたいと思います。

そんな話をしておいて何ですが、毎年恒例行事のごとく体調を崩しております(苦笑)。すでに鼻がグズグズしているのですが、鼻から喉、そして全身の倦怠感へと至るのが自分の冬風邪の特長。酷くならないうちに風邪を封じ込むべく、温かいモノを食べて温かいモノを飲んで、十分な休養をとることに務める。こうして自分の年末年始は過ぎていくのですね、ハハハ。って笑ってる場合じゃないか。

さて、”激動の2019年”が終わり、明日から”激動の2020年”が始まります。変わるものも変わらないものも多々ありますが、これからも『松本雷鳥通信』は信州松本のサッカー情報を追いかけていきます。2020年は1月4日から本格始動となります。それでは皆様、良いお年を――。
(文/多岐太宿)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック