【サッカー人気3位】【トピックス】誰もが使いやすい長く愛さ…

松本雷鳥通信

【2020新加入選手レポート】乾大知「CBは年齢を重ねるごとによくなる。もっと成長していきたい」

これまで所属していた群馬や長崎の一員として、松本山雅FCとは対戦してきた。そもそもプロ初年度の2012シーズンのJ2第32節・松本戦で短い時間ながらJリーグ初出場を果たしており、その意味でも松本とは交わる部分もあったが、このほど深緑のユニフォームに袖を通すことになった。
J2での雪辱を期す松本にとって、実に頼もしい経験値を持つプレーヤーだ。長崎所属時の2017シーズンにはセンターバックとしてリーグ戦40試合に出場するなど、J1昇格に大いに貢献した。また本職の守備のみならず、同年には4得点を挙げるなど攻撃面でも特色を出している点も心強い。

(残り 1368文字/全文: 1638文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック