【サッカー人気2位】サッカーに一喜一憂する日々が戻ってくる…

松本雷鳥通信

【2020開幕前レポート】TRM清水エスパルス戦「強豪との対戦で得た、収穫と課題」

右SHの位置から果敢に飛び出し、ゴールを挙げた鈴木雄斗

松本山雅FCは2月3日、鹿児島県鹿児島市の鹿児島ふれあいスポーツランドにて清水エスパルスとのトレーニングマッチ(45分×4本)を行った。
温暖な鹿児島の地で二次キャンプを張っている松本山雅だが2月16日にルヴァンカップ・グループステージ第1節が、23日にはJ2リーグ開幕戦が行われるとあって、残された時間は長くない。この清水戦が開幕前に公開される最後のトレーニングマッチということもあって、両チームの関係者やサポーターが見守り、良いプレーを見せた選手には拍手と歓声が送られていた。

(残り 2296文字/全文: 2630文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック