【サッカー人気5位】長谷川竜也に聞く、家長昭博の「伸びるボ…

松本雷鳥通信

【2020開幕前レポート】長いシーズン、過密日程を戦い抜くために必要なチカラ

2年目のシーズンを迎える榎本樹と山本龍平がアピール中だ

今季はリーグ戦にくわえて、ルヴァンカップへの参戦も決定した松本山雅FC。さらに天皇杯も含めれば、最低でも約50試合の公式戦に臨むことになる。さらに夏場は東京オリンピック開催による中断期間もあり、他の時期にしわ寄せがかかる。
それだけの長いシーズンの過密日程を戦い抜くためにモノをいうのが分厚い選手層で、試合出場のチャンスを与えられる可能性は誰しもがある。もちろん、ルーキー選手や高卒2年目の若手たちにも。

(残り 1491文字/全文: 1788文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック