【サッカー人気1位】M&Aのプロフェッショナルが…

松本雷鳥通信

【C大阪vs松本】レビュー:雨中のヤンマースタジアム長居での激闘。新体制の松本は奮闘も、C大阪の地力に屈する

■YBCルヴァンカップグループステージ
2月16日(日)C大阪 4-1 松本(15:03KICK OFF/ヤンマー/6,679人)
得点者:5’鈴木雄斗(松本)8’ブルーノメンデス(C大阪)71’丸橋祐介(C大阪)79’ブルーノメンデス(C大阪)90’清武弘嗣(C大阪)
———-
試合ハイライト(YouTube)

今節のデータ(Jリーグ.jp)

●総評
今節のMOM=丸橋祐介(C大阪)

松本山雅FCの2020シーズン初戦は、雨中での激闘となった。ヤンマースタジアム長居で行われたJリーグYBCルヴァンカップGS第1節・セレッソ大阪戦は、キックオフ直後から点を取り合う展開となった。
先制したのはアウェイの松本。試合開始すぐの5分に、サイドからのクロスを阪野豊史が頭で落とすと、右SHの鈴木雄斗が冷静に押し込んだ。

(残り 1339文字/全文: 1693文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック