【サッカー人気5位】長谷川竜也に聞く、家長昭博の「伸びるボ…

松本雷鳥通信

【愛媛vs松本】試合後の選手コメント:阪野豊史「先に点を取られた後も落ち着いてプレーできたことが逆転に繋がった」鈴木雄斗「(同点ゴールは)トヨくんのおかげです」森下怜哉「チームとして上手くディフェンスできた」

■明治安田生命J2リーグ 第1節
2月23日(日)愛媛 1-2 松本(16:03KICK OFF/ニンスタ/5,681人)
得点者:48’茂木力也(愛媛)52’鈴木雄斗(松本)71’阪野豊史(松本)
———-
●阪野豊史選手:
Q:自身のゴールで逆転勝利を飾ったが、今日の試合を振り返って?
「難しい試合になりましたが、先に点を取られた後も落ち着いてプレーできたことが逆転に繋がりました。個人的にニアサイドからのシュートは自分の持ち味でもあるので、その良さを出せたのかなと思います」

Q:同点ゴールをアシストしたが、あの場面については。
「ボランチに横パスが入ったときにディフェンスの裏を狙うという動きはキャンプでもやってきたことだし、それがひとつ出せました。振り返ると相手にボールを持たれる時間も長かったですけど、みんなで粘り強く試合を運べたし、こうやって同点ゴールそして逆転ゴールを取れたのは、これからの自分たちの自信になるかなと思います」

(残り 1161文字/全文: 1577文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック