【サッカー人気2位】【J1第4節:横浜F・マリノス vs …

松本雷鳥通信

【雷鳥報道・トップ】トップが語るクラブの現状、そして今後(後)

現在トップチームの活動が休止中の松本山雅FC。再開については、情勢を見て判断する

前編からの続き)トップチームの活動を当面の間、休止することを発表した松本山雅FC。今はただ新型コロナウイルスの1日も早い収束と、“サッカーのある日常”が戻ることを待つしかない状況となっている。
当然ながら公式戦が中断されていることもあって、各チームは程度の差こそあれど経営面に影響を及ぼしている。特に地方都市をホームタウンとするクラブの多いJ2は、より深刻だろう。いわゆる親会社のない松本山雅も、サポーターやファンの支えこそ生命線だ。

(残り 1159文字/全文: 1484文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック