【サッカー人気3位】少ない観客だからこそ現れる浦和らしさと…

松本雷鳥通信

【雷鳥報道・トップ】フットボーラーのレゾンデートル

真剣な面持ちで、グループ練習に取り組む村山智彦(写真提供:松本山雅FC)

新型コロナの感染拡大を防ぐため、当面の間はグループ分けされた中での練習となっている松本山雅FC。それでも「ある程度は大人数で(練習を)できていて、雰囲気も良くやれていると思います」と村山智彦は手応えを述べた。緊急事態宣言の間は“STAY HOME”が求められており、選手同士で会えない状況が続いていた。だからこそ限られたメンバーとはいえ、意見を交わしながら練習できていることは「楽しい」と口にする。

(残り 893文字/全文: 1195文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック