【サッカー人気4位】あらためて考える「新宿にJクラブを」と…

松本雷鳥通信

【休止期間コラム】One-Shot20081124「REMEMBER」

2008年11月24日、全国地域リーグ決勝大会1次ラウンド第3節(vsレノファ山口)にて

被写体の頭は切れており、焦点も合っていないのが分かる。つまり写真の出来としては全くの不合格だが、しかし削除するのは躊躇してしまうモノで、長らくフォルダーの中で眠っていた1枚だ。カメラマンの腕の悪さはおくとして、シャッターを押す瞬間の狼狽や逡巡が見て取れる。
2008年の全国地域リーグ決勝大会には、松本山雅FCは本来であれば出場できないはずだった。しかしNECトーキンサッカー部が同大会の出場を辞退したことで、繰り上げという形で松本山雅に権利が巡ってきたのだ。

(残り 1080文字/全文: 1421文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック