【サッカー人気4位】やはり強かった川崎フロンターレ。森重真…

松本雷鳥通信

【閑話休題・こと】再開初戦、各チームが『リモートマッチ』で加えた工夫

明治安田J2の再開により、ようやく止まっていた時計の針が動き出したという安堵感がある。なにしろ新型コロナウイルスの猛威は想像以上で、公式戦の再開が延び、また延び……。気づけば中断期間は4ヶ月もの長期に渡ったのだから。開幕の愛媛FC戦の取材のため、”3密”の夜行バスを使って松山まで出向いたことが懐かしい。新型コロナの感染力や怖さがわかった今となっては、あのような不用意なことはできない。

(残り 1067文字/全文: 1260文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック