【サッカー人気3位】大量被弾でコントロール喪失。深刻な6失…

松本雷鳥通信

【松本vs甲府】布啓一郎監督記者会見コメント「後半は少しずつボールを繋ぐことができて、シュートシーンを作ることによって追いつくことができました」

■明治安田生命J2リーグ 第3節
7月4日(土)松本 1-1 甲府(18:03KICK OFF/サンアル/リモートマッチ)
得点者:2’ジュニオールバホス(甲府)86’オウンゴール(松本)
———-
甲府監督記者会見コメント(jリーグ.jp)

●布啓一郎監督(松本):
Q:1-1の引き分けに終わったが、試合を振り返って?
「いわゆる立ち上がりですね。ケアはしていたんですが甲府さんにはスピードのある選手が多いので、セカンドボールを持っていかれて、スタートからショッキングな失点がありました。そこからケガ人なども出ましたけども何とか持ち直して、後半は少しずつボールを繋ぐことができて、シュートシーンを作ることによって追いつくことができました。逆転するまではいかなかったんですが、勝点1を取ることができたことについては、選手たちもよくやってくれたと思います」

(残り 1665文字/全文: 2039文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック