【サッカー人気3位】大量被弾でコントロール喪失。深刻な6失…

松本雷鳥通信

【雷鳥報道・トップ】論理的に、感覚的に

前節・甲府戦でOGを誘うダイレクトパスを供給した鈴木雄斗

明治安田J2第3節・甲府戦は、苦しいゲームになった。試合の立ち上がりで先制を許し、いきなり主導権を手放すことに。その後は時間が経つにつれて落ち着きを取り戻したものの、1点のビハインドが重く圧し掛かる。状況を打開すべく布啓一郎監督はフォーメーションを3-5-2へと変更するとともに、選手交代による活性化を図った。

(残り 1104文字/全文: 1355文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック