【サッカー人気4位】【J1注目マッチ】名古屋vs浦和:”ウ…

松本雷鳥通信

【直前寸評】大粒の雨が降る悪天候でも、新潟戦での勝利を目指して懸命に

前節・甲府戦で途中投入され、同点弾の起点となった久保田和音

活発な梅雨前線による大雨が各地に被害を及ぼし、九州南部では多くの被災者が出るなど爪痕を残した。長野県も中南部を中心に大雨洪水警報が発令され、天気予報を調べても当面の間は雨マークが続いている。そんな荒れ模様でも松本山雅FCは、今週末のアウェー新潟戦に向けて準備を進めなければならない。7日に公開された全体練習も大粒の雨が降ったり止んだりという天候のもとで行われたが、そのような悪環境でもチームは懸命に取り組んでいた。

(残り 855文字/全文: 1159文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック