【サッカー人気1位】錦糸町フットボール義勇軍に「解散はない…

松本雷鳥通信

【松本vs町田】レビュー:セットプレーに屈し、ミスも散見。サンプロアルウィンで、町田に完敗する

■明治安田生命J2リーグ 第8節
7月29日(水)松本 0-2 町田(19:03KICK OFF/サンアル/1,868人)
得点者:37’小田逸稀(町田)87’ステファン(町田)
———-
試合ハイライト(YouTube)

今節のレポート(Jリーグ.jp)
今節のデータ(Jリーグ.jp)

●総評
今節のMOM=秋元陽太(町田)

前節・大宮戦での悔しさを晴らすためにも勝点3の欲しい松本山雅FCだったが、27分に得たPKの好機を町田GK秋元陽太のビッグセーブに阻まれ、先制点ならず。すると37分には注意していたはずのセットプレーから小田逸稀にヘディングシュートを決められて1点を追いかける展開に。そこで布啓一郎監督はハーフタイムに3枚同時交代とフォーメーション変更を行ってリフレッシュを図るも、町田ディフェンスを破れない。試合終了間際にはパスミスを奪われて、途中出場のステファンのループシュートで追加点を献上。0-2で2連敗を喫した。

(残り 941文字/全文: 1382文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック