【サッカー人気5位】年間最優秀選手は審判が決め表彰式はドレ…

松本雷鳥通信

【雷鳥報道・トップ】サンプロアルウィンでのリスタート

第12節・福岡戦での公式戦復帰を果たした橋内優也

進むべき方向が分からずに迷っていたチームが、ようやく暗闇から抜け出した。第12節・福岡戦は試合終了間際に塚川孝輝の決勝弾が飛び出し、1-0で勝利。5連敗中だった松本山雅FCが、欲しかった勝点3を獲得した。ハーフタイムに約200発の花火が打ち上げられたこともあって、試合後のサンプロアルウィンは祝祭の雰囲気に満ちていた。
なによりケガで戦列を離れていた選手たちが、ついにサンアルのピッチへと帰ってきたことが大きい。先にも多くの選手が公式戦に復帰しているが、この試合では橋内優也と杉本太郎が試合出場を果たした。

(残り 1034文字/全文: 1378文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック