松本雷鳥通信

【東京Vvs松本】レビュー:前半は健闘も、後半に3失点。選手交代やフォーメーション変更も実らずに完敗

■明治安田生命J2リーグ 第13節
8月19日(水)東京V 3-0 松本(19:03KICK OFF/味スタ/2,175人)
得点者:68’山下諒也(東京V)73’井上潮音(東京V)84’小池純輝(東京V)
———-
試合ハイライト(YouTube)

今節のデータ(Jリーグ.jp)

●戦評
今節のMOM=山下諒也(東京V)

味の素スタジアムに乗り込んでの、東京ヴェルディとのアウェーゲームに挑む松本山雅FC。前節・福岡戦から両ウイングバックだけを変更して臨んだ試合は、序盤から技術に優れた東京Vにボールを保持される時間が続く。しかし守備意識の高い松本山雅は、押し込まれる場面でもブロックを敷くことで要所を抑え、先制点を許さない。

(残り 1367文字/全文: 1706文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ