松本雷鳥通信

【直前寸評】5連戦が終わり、再び5連戦。過密日程の中で、チーム力アップのための模索は続く

前節・京都戦で1ゴール1アシストの活躍を見せたセルジーニョ

ちょうど明治安田J2も3分の1を消化した時点でリーグ19位の松本山雅FCにとって、いよいよ反転攻勢をかけなければいけない時期を迎えた。第10節・磐田戦~第14節・京都戦までの『真夏の5連戦』が終わったものの、一息つく間もなく今節より再び5連戦となる。
前節・京都戦を振り返ると、蒸し暑いアウェーゲームながらコンパクトなスリーラインを保ち、アグレッシブな守備ができたことが良い攻撃に繋がった。勝ちきれなかったことは残念だが内容は悪いものではなく、今後への期待感も抱かせるものだった。

(残り 1117文字/全文: 1453文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ