松本雷鳥通信

【松本vs山形】レビュー:押し込まれても体を張って守り抜き、“ウノゼロ”で5試合ぶりの勝利!

■明治安田生命J2リーグ 第17節
9月5日(土)松本 1-0 山形(18:06KICK OFF/サンアル/2,537人)
得点者:76’セルジーニョ(松本)
———-
試合ハイライト(YouTube)

今節のレポート(Jリーグ.jp)
今節のデータ(Jリーグ.jp)

●戦評
今節のMOM=村山智彦

4試合勝利なしの松本山雅FCに対し、6試合負けなしのモンテディオ山形。彼我の勢いの差もあり、前半は山形が主導権を掌握。ボールを繋ぎながら自陣へと侵入する山形攻撃陣に押し込まれた松本山雅だったが、村山智彦が安定したセービングをみせてゴールを許さない。
スコアレスのまま突入した後半も辛抱の時間は続くが、76分にセルジーニョのクロスが山形DFのハンドを誘い、PKを獲得。これを自身が冷静に決めて待望の先制点を奪うと、その後も集中を切らさない守備を見せて、逃げ切りに成功。“ウノゼロ”で5試合ぶりに勝利した。

(残り 922文字/全文: 1347文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ