松本雷鳥通信

【栃木vs松本】レビュー:3分の“ゴラッソ”で先制を許すも、11分に“恩返し”の同点弾。アウェーで勝点1を獲得

■明治安田生命J2リーグ 第19節
9月13日(日)栃木vs松本(18:00KICK OFF/栃木グ)
———-
試合ハイライト(YouTube)

今節のデータ(Jリーグ.jp)

●戦評
今節のMOM=乾大知

地の利を得て、キックオフ直後から栃木SCが攻勢を仕掛ける。村山智彦の好セーブもあって危機を脱したのも束の間、右サイドの山本廉がカットインしながら左足シュート。強烈なミドルが決まり、開始わずか3分で先制を許す。敵地での連戦となる松本山雅FCだったが、いきなり厳しい展開となってしまった。

(残り 1425文字/全文: 1714文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ