【サッカー人気4位】【解説】事案発生後、すぐに報告した仙台…

松本雷鳥通信

【松本vs長崎】布啓一郎監督記者会見コメント「後半に良い意味で勇気を持って前に出ていったことで、追いついたところは良かったかなと思います」

■明治安田生命J2リーグ 第20節
9月19日(土)松本 2-2 長崎(15:03KICK OFF/サンアル/4,319人)
得点者:4’畑潤基(長崎)64’ルアン(長崎)76’阪野豊史(松本)78’阪野豊史(松本)
———-
●布啓一郎監督:
「失点場面は立ち上がりと交代選手の入った直後ということで、ここのところ続いていることもあるし、しっかり改善しないといけないと思います。前半は少し長崎さんの技術やパワーに押された部分もありましたが、2点のビハインドを追った後半に良い意味で勇気を持って前に出ていったことで、追いついたところは良かったかなと思います。ただし最後のところで指し切るチャンスもあったし、ホームですから勝点3を取れれば一緒に喜び合うことができた。またトレーニングからチャンスで指し切れるようなチームに成長していきたいです」

(残り 2371文字/全文: 2738文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック