【サッカー人気2位】新著『フットボール風土記』が求められる…

松本雷鳥通信

【松本vs琉球】布啓一郎監督記者会見コメント「琉球さんの攻撃に完全に上回られたゲームだったと思っています。抵抗できずに、やられ続けてしまったのが現実だと思います」

■明治安田生命J2リーグ 第21節
9月23日(水)松本 1-6 琉球(19:03KICK OFF/サンアル/3,270人)
得点者:18’風間宏矢(琉球)33’阿部拓馬(琉球)41’風間宏矢(琉球)56’小泉佳穂(琉球)67’上原慎也(琉球)71’セルジーニョ(松本)80’田中恵太(琉球)
———-
○布啓一郎監督:
「結果が物語っているように、琉球さんの攻撃に完全に上回られたゲームだったと思っています。抵抗できずに、やられ続けてしまったのが現実だと思います」

Q:球際の強さやセカンドボールの回収で後手を踏んでいたが?
「いわゆる試合の入りはそうではなかったと思うが、それを琉球さんが上回るようにボールを動かして、シンプルに早く展開してきた。そこにしっかり寄せられず、左右に展開される中でボールにいけなくなってしまいました。球際のところでも負けていた場面は多かったので個人個人のところも含めて、しっかり改善しないといけないと思います」

(残り 1315文字/全文: 1731文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック