【サッカー人気1位】新潟はなぜ、どこで間違ってしまったのか…

松本雷鳥通信

【雷鳥報道・トップ】松本山雅FCに激震! 布啓一郎監督をシーズン途中で解任

神田文之社長より、布啓一郎監督の解任にともなう説明が行われた


松本山雅FCは9月25日、トップチームの布啓一郎監督と羽田憲司コーチを同日付で解任したと発表した。シーズン途中での監督解任劇は、Jリーグ参入後で初となる。後任人事については、柴田峡編成部長がトップチーム監督に、西ヶ谷隆之U-18監督がトップチームコーチに就任したことも合わせて発表されている。
同日には株式会社松本山雅の神田文之社長によるメディア対応も行われ、「苦しい決断だったが、多くの方々に応援してもらっているクラブであり、フロント、会社としてできる最善策を常に考えている」と事情を説明。「私を含めて色々な責任があるが、少しでも未来を明るいものにするためにジャッジした。できる限りを尽くした」と話した。

(残り 837文字/全文: 1237文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック