大久保嘉人に見る、ベテランの味わい方(J論)

松本雷鳥通信

【松本vs水戸】プレビュー:強力アタッカー陣を擁する水戸を、どう封じ込むかが問われる一戦

■明治安田生命J2リーグ 第26節
10月14日(水)松本vs水戸(19:00KICK OFF/サンアル)
———-
水戸ホーリーホック 前節ハイライト(YouTube)

今節の見どころ(Jリーグ.jp)
水戸ホーリーホック IN&OUT(J’s GOAL)

●概要
前節・磐田戦では、柴田体制になってから初めての無失点試合を演じた松本。素早くチーム戦術に馴染んだ遠藤保仁を中心としたボール回しに押される時間もあったものの、その圧力に飲み込まれることはなかった。攻撃面では改善点もみられたが、勝点を積み上げていくためにも“堅守”は必要不可欠。その意味でも見どころのある試合だった。
しかし今節の対戦相手となる水戸ホーリーホックはリーグ最多の43得点を誇るチームだ。チーム得点王の山口一真を筆頭に、中山仁斗やアレフ・ピットブルなど特長の異なるスコアラーが揃う。試合を安定して進めるためにも、彼らを封じ込むことが重要だ。

(残り 1029文字/全文: 1465文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック