【サッカー人気3位】「ウイング天国ニッポン」を象徴するJリ…

松本雷鳥通信

【琉球vs松本】レビュー:互いにフレッシュな陣容で臨んだ一戦は0-2で敗戦。琉球に“ダブル”を許す

■明治安田生命J2リーグ 第27節
10月17日(土)琉球 2-0 松本(18:33KICK OFF/タピスタ/1,559人)
得点者:65’上里一将(琉球)87’オウンゴール(琉球)
———-
試合ハイライト(YouTube)

今節のデータ(Jリーグ.jp)

●戦評
今節のMOM=上里一将(琉球)

タピック県総ひやごんスタジアムにて行われたFC琉球とのアウェイゲームに臨んだ松本山雅FC。中2日の遠距離アウェイということもあって、前節・水戸戦から7人のスタメンを変更。対する琉球も前節から先発6人を入れ替え、お互いにフレッシュな陣容で試合に臨んだ。

(残り 1319文字/全文: 1619文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック