松本雷鳥通信

【松本vs千葉】プレビュー:前節から中2日の連戦。地の利を活かして、厳しい過密日程を乗り切りたい

■明治安田生命J2リーグ 第33節
11月11日(水)松本vs千葉(19:00KICK OFF/サンアル)
———-
ジェフ千葉 前節ハイライト(YouTube)

今節の見どころ(Jリーグ.jp)
ジェフユナイテッド千葉 IN&OUT(J’s GOAL)

●概要
新型コロナ禍による、過去にないほど異例づくめの2020シーズンの明治安田J2も全チームが第32節まで消化したことで、『年間予定総試合数の75%以上が開催』という要件を満たし、今季のJ2リーグが成立した。「リーグ各関係者の御尽力、また各クラブや選手たちの毎日の努力。その賜物だと思う」と柴田峡監督も述べるように、全ての関係者が手を取り合ったからこそ危機的状況にあった今季を成立させることができた。
その上で、J2リーグも今節を含めて残り10試合となった。直近5試合で3勝2分と状態の上向いている松本山雅FCとしても、この10試合をどう戦うかが求められる。対戦相手のジェフユナイテッド千葉は前節・山形戦を1-5で敗れているが、だからこそ気持ちを入れて、立て直しを図ってくるはず。厳しい試合になることは間違いなく、真価の問われる一戦だ。

(残り 1003文字/全文: 1528文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ