松本雷鳥通信

【町田vs松本】レビュー::町田GKの好セーブに阻まれるも、後半の2得点が奏功して町田に勝利!

■明治安田生命J2リーグ 第34節
11月15日(日)町田 1-2松本 (14:03KICK OFF/Gスタ/2,061人)
得点者:53’常田克人(松本)72’塚川孝輝(松本)90+4’岡田優希(町田)
———-
→試合ハイライト(YouTube)

今節のデータ(Jリーグ.jp)

●戦評
今節のMOM=常田克人

命名権取得により今季より新たに『町田GIONスタジアム』となったスタジアムで行われた、町田ゼルビアとのアウェイゲーム。前節で黒星のついた松本山雅FCは連敗阻止を目指して、強い覚悟で敵地へと乗り込んだ。
前半は両チームともにインテンシティーが高く、高い位置での精力的な守備が光る展開となった。まず先制点をとって試合を楽にしたい松本は両サイドを起点しながら好機を創出するが、決定的なシュートも町田GK福井光輝にことごとく阻まれてしまう。

(残り 1196文字/全文: 1593文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ