松本雷鳥通信

【長崎vs松本】レビュー:1失点は許すも、2失点目は許さなかった松本。最後の最後で同点弾を決め、長崎にドロー

■明治安田生命J2リーグ 第36節
11月25日(水)長崎 1-1 松本(19:03KICK OFF/トラスタ/3,048人
得点者:41’玉田圭司(長崎)90+5’塚川孝輝(松本)
———-
試合ハイライト(YouTube)

今節のデータ(Jリーグ.jp)

●戦評
今節のMOM=塚川孝輝

J1昇格を現実的な目標に見据えるV・ファーレン長崎に挑むべく、トランスコスモススタジアム長崎へと乗り込んだ松本山雅FC。残念ながら既にJ1昇格の可能性は消えているが、リーグ終盤戦になって好調ぶりを発揮してきた。そのような中で3位・長崎に何ができるのか、チームの現状を見定めるのには最高の相手だ。

(残り 1196文字/全文: 1514文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ