松本雷鳥通信

【松本vs京都】プレビュー:前節に引き続き、求められる“堅守”。京都アタッカーを封じて、主導権の掌握を

■明治安田生命J2リーグ 第37節
11月29日(日)松本vs京都(14:00KICK OFF/サンアル)
———-
京都サンガ 前節ハイライト(YouTube)

今節の見どころ(Jリーグ.jp)
京都サンガF.C. IN&OUT(J’s GOAL)

●概要
すでに明治安田J1昇格の可能性もばく、逆に明治安田J3への降格もない松本山雅FC。だが前節は3位・長崎相手に意地のドローを果たすなど、チームとしても選手としても『消化試合』の空気は感じられない。状態は尻上がりに良くなっていることもあり、その雰囲気は悪くない。残り6試合、どのような姿をサポーターに見せてくれるのか期待は高まる。
今節の対戦相手となる京都サンガも、前節・甲府戦に引き分けたことで今季のJ1昇格の望みは絶たれただけに、これから先は意地と誇りを懸けての戦いとなる。ピーター・ウタカ、仙頭啓矢など個の能力に長けたアタッカーは多く、松本としては彼らを止めることが勝敗を分けるポイントだ。前節に引き続き、堅守が求められる試合となる。

(残り 1106文字/全文: 1582文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ