松本雷鳥通信

【群馬vs松本】レビュー:前半と後半で流れの一転した試合は、岩上祐三の“恩返し弾”に屈す

■明治安田生命J2リーグ 第38節
12月2日(水)群馬 1-0 松本(19:03KICK OFF/正田スタ/1,234人)
得点者:89’岩上祐三(群馬)
———-
試合ハイライト(YouTube)

今節のデータ(Jリーグ.jp)

●戦評
今節のMOM=岩上祐三(群馬)

3試合ぶりの白星を目指して正田醬油スタジアム群馬に乗り込んだ松本山雅FCだったが、前半はザスパクサツ群馬の勢いに呑まれて、後手を踏む場面が目立つ。個々のパスミスやボールロストもあり、流れを掴むことができない。そこで柴田峡監督は状況を変えるべく、後半開始時より“3枚同時替え”を行った。

(残り 1155文字/全文: 1458文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ