松本雷鳥通信

【直前寸評】2020シーズンも残りわずか。心身を整えて、“One Soul”で臨めるか

残り3試合、フル回転の期待される『背番号10』セルジーニョ

12月中旬に突入し、他チームからも現役引退や契約満了などのリリースが聞かれるようになってきた。松本山雅FCも10日に古邊考功フィジカルコーチの退任、そして11日には中美慶哉、服部康平、田中謙吾の契約満了が正式発表された。いよいよ2020シーズンも終わりに近づいていることを実感させられる。
そのような中で松本は、10日に松本市かりがねサッカー場において公開練習を実施。平日にもかかわらず80名のサポーターが選手たちの姿を見守った。前夜に行われたオンラインでの『ファン感謝デー』にも550名が参加したとのことで、クラブへの愛情に変わりはない。

(残り 772文字/全文: 1138文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ