松本雷鳥通信

【閑話休題・こと】「雷通」が年末に選ぶ『2020年の漢字』

皆さんにとって2020年を表す『漢字』とは、いったい何でしたか? 某サイトの年末人気企画を、今年も「雷通」で実施します!

全世界を襲った新型コロナウイルスという厄災により、多くの人の足元が崩壊した2020年。当然ながら日本サッカー界にも悪影響を及ぼし、“最悪”の1年となってしまった。未だ新型コロナの感染拡大は止むことなく、賑やかなはずの年の瀬の街が閑散としている状況で、この傷が癒えるのは数年かかることだろう。実際に景気の良い話は少なく、ここに来て数クラブが経営危機に陥っているという。まさしく『禍』という他ない。
そのような絶望の中にあって一縷の望みとなったのは、各チームの選手やスタッフ、またサッカー協会やリーグ関係者の尽力によりリーグ戦全日程を消化できたことだ。正直に言えば前途は多難だが、この厄災にも一丸となって立ち向かった足跡は誰もが心の内に記録しておかなければいけない。

最後の更新が何やら暗い話となってしまい恐縮だが、この先が茨の道であることは間違いない。それでも前に進むためには、踏み越えていかなければならない現実がある。今年に引き続いて山あり谷ありであろう2021年は、もうすぐそこまで来ている。この禍に打ち勝つために、もっとも必要なものは『One Soul』なのだと、この1年を振り返って想う。

あらためて読者の皆さまにおかれましては、『松本雷鳥通信』を御購読いただきまして、本当にありがとうございました!
(文/多岐太宿)

前の記事 »

ページ先頭へ