【サッカー人気3位】【ガンバの雷鳴】ついに加入!レアンドロ…

森マガ

世界準優勝->降格->移籍->浪人->引退->裏方と歩んだゴールデンエイジの物語

本日、「みんなのごはん」さんの「ごはん、ときどきサッカー」で、また一本記事を公開していただきました。この時代にこうやって連載を続けさせていただけるのも、読んでくださっているみなさまと「ぐるなび」さんの中の方、そして変わらず厳しい編集の目を向けてくださる両角浩太郎さんのおかげです。本当にありがとうございます。

さて、今回はこの方にご登場いただきました。
 

負けを受け入れることの大事さ……黄金世代だった高田保則が引退後に気付いたこととは【ごはん、ときどきサッカー】

実は高田さんが浪人して新しいクラブを探そうとなさっていたとき、ときどき連絡しておりました。そのとき、私が感じていたのは、興奮、焦燥、そしてかすかな悲哀、怒りに似たわずかな何かなどだったのですが、時が過ぎるにつれ次第に感情が落ち着いていってるような気もしていました。

その中で次の仕事を見つけ、それが今まで自分がしてもらっていたことを他の選手にするという裏方の仕事だったのは、高田さんらしい進路だったと思います。

現役時代の「やんちゃ」さはすっかり変わりました。ワールドユースのチームメイトを見てどう思っていたかという、あとで文字にして考えると厳しいことを聞いていたのですが、そういう質問にも朗らかに答えてくれました。それにしても、相変わらず白いシャツが似合うグッドルッキンなのは、ホント、羨ましい限りです。

ご高覧いただければ幸いです。どうかよろしくお願いいたします。

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック