【サッカー人気3位】【直前レポート|第9節・浦和戦】さあ、…

森マガ

みなさまのおかげで1年経ちました。ありがとうございます

11月で「森マガ」をスタートして1年、つまり「J論プレミアム」で「サッカー、ときどきごはん」の連載を始めて1年が経過しました。これも個人スポンサー様を筆頭に、連載を支えてくださったみなさまのおかげです。本当にありがとうございます(実は1年経過したことを忘れていて、伴誠雪様から教えていただきました。伴さん、重ねてありがとうございます)。

 

「ぐるなび」さんの「みんなのごはん」が更新停止し、連載をどうしようか考えていたときに声をかけていただいたのが「J論プレミアム」でした。連載をスタートし、数回過ぎたところで新型コロナウイルスの影響が濃くなり、対面インタビューができなくなって、そのタイミングで「みんなのごはん」が更新を再開し、さらに「さくマガ」の連載も順調に推移して、いいことと悪いことが入れ子のように起きたのがこの1年という感じです。

 

どのインタビューにも思い出があります。どれが一番というのはありません。これだけ長く連載を続けさせていただいているのは、インタビューに応じてくださった方々の自分と向かい合う真摯な心と、それを受け入れてくださった読者のみなさまのおかげだと思います。

 

今後ますます精進します。今後ともどうかよろしくお願いいたします。

 

 

栗原勇蔵が一番辛かった3度目の挫折……それでもマリノスで戦い続ける

ミシャサッカーはVAR泣かせなんです……現場の担当者・扇谷健司がVARの仕組みを徹底解説

あのとき見ていたバスに乗った……曽ヶ端準が続けた孤独との戦いとは

主審人生はこれで終わった……レフェリー山本雄大にはその後何が起きていたのか

僕のサッカー人生は一度終わっているようなもの……GK林彰洋が初めて明かす知られざる苦悩

「スーパーサッカー」は守り抜いた……伝説のテレビマンが明かす中継の苦悩と舞台裏

人生の中でこれだけ批判されたのは初めてだった……都並敏史が歩んできた傷だらけの監督道

「あのとき僕はスタジアムに行くのを迷った」……岡山一成がフロンターレ優勝を見て抱いた思い

9クラブを渡り歩いたが後悔しない……安田理大が悔やむたった一つのこと

藤本淳吾はいまどこで何を?……半年以上チームが決まらない逆境のなかで

あの時、佐藤由紀彦はバーンアウトしていた……引退の崖っぷちで捨てた「ちっぽけな」プライド

マンチェスター・シティが獲った男……食野亮太郎が積み重ねる小さな目標

高校3年生のときから経験してきた試練……阿部勇樹が語るケガと残留争いと五輪とスタジアム

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ