J2昇格&残留争いはどうなる?LIVE(J論)

森マガ

【日本代表のトレーニング】ハビエル・アギーレ監督の時代(2)

トレーニングの大切な部分として、監督が狙うプレーを無意識のうちに選手にすり込むという部分がある。それはたとえば四角のコートを使うメニューではその四隅のコーンが選手間の距離感を表していることだったり、細かいルール付けがどうボールを動かすのかを示していたりする。

 

それと同時に、選手たちに飽きさせずトレーニングをさせるというのも大切だ。楽しみの中で選手は監督の意図を知らず知らずのうちに身につける。それが理想の練習ではないだろうか。アギーレ監督の練習は、その理想に近いと感じさせられるものが多かった。

(残り 3217文字/全文: 3470文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ