森マガ

2026年ワールドカップアジア予選のレギュレーションが決定。で、さっそく予想してみた!!

今日、アジアサッカー連盟から2026年ワールドカップアジア予選のレギュレーションが決まったとリリースがありました。なお、次回のワールドカップのアジア枠は8.5チームあります。

 

ラウンド1)アジアのランク26~47位の22チームが抽選で決まった相手とホーム&アウェイで対戦し、勝った11チームがラウンド2に進出する

 

ラウンド2)ランク 1〜25位までの25チームとラウンド1の勝者11チームの合計36チームが、4チームずつ9グループに分かれてホーム&アウェイの総当たり戦を行い、各グループ上位2チーム、合計18チームがラウンド3に進出し、なおかつ2027年アジアカップの出場権も獲得する

 

ラウンド3)ラウンド2を勝ち抜いた18チームが、6チームずつ3グループに分かれてホーム&アウェイ方式の総当たり戦を行い、各グループの上位2チーム(計6チーム)がFIFAワールドカップ2026への出場権を獲得する

 

アジア・プレーオフ)各グループの3位と4位、計6チームは3チームずつ2つのグループに分けられ、総当たり戦を行う。この2グループの1位はワールドカップの出場権を獲得する

大陸間プレーオフ進出チーム)両グループの2位チームはプレーオフを戦い、勝ったほうが大陸間プレーオフに出場する

 

で、現在のFIFAランクで言うとアジアは

1 イラン
2 日本
3 大韓民国
4 オーストラリア
5 カタール
6 サウジアラビア
7 アラブ首長国連邦
8 イラク
9 オマーン
10 ウズベキスタン
11 中国
12 バーレーン
13 ヨルダン
14 シリア
15 パレスチナ
16 キルギス共和国
17 ベトナム
18 レバノン
19 インド
20 タジキスタン
21 タイ
22 朝鮮民主主義人民共和国
23 フィリピン
24 トルクメニスタン
25 香港
26 マレーシア
27 クウェート
28 イエメン
29 アフガニスタン
30 インドネシア
31 モルディブ
32 台湾
33 ミャンマー
34 シンガポール
35 カンボジア
36 ネパール
37 マカオ
38 ラオス
39 モンゴル
40 ブータン
41 ブルネイ・ダルサラーム国
42 バングラデシュ
43 パキスタン
44 東ティモール
45 グアム
46 スリランカ
47 北マリアナ諸島(AFCに加盟しているもののFIFAには入っていないので便宜上この位置で)

 

(残り 805文字/全文: 1747文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ