長崎サッカーマガジン「ViSta」

【第4節 京都戦直前 チームレポート】潜在能力が高い京都。相手の裏を突き、目指せ勝ち点3!


3月18日(水)、V・ファーレン長崎はV・ファーレン十八銀行フィールドで京都サンガ戦へ向けたトレーニングを行った。

京都は、開幕前から戦力が高いチームとされていたチームの1つ。「特徴もった選手が多くて手強いと思います(MF田中裕人)」、「攻撃に強力な選手がいる(MF小野寺達也)」という言葉どおり、元長崎のFWイヨンジェ、高い能力を持つ10番のエスクデロ競飛王らが所属し、特に石櫃洋祐、有田光希の右サイドはかなり強力だ。ここまで先制しても勝ちきれずにリーグ3戦連続引き分け中だが、負けないしぶとさも感じさせている。「力があるチームなので、まとまってくる前に対戦して叩いておきたい(GK大久保択生)」という言葉どおり、今回の対戦で是非とも勝利しておきたい相手だ。

(残り 876文字/全文: 1205文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ