【サッカー人気5位】最強の敵を前に、浦和が採るべき策とは【…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【クラブレポート】障害のある方たちのサポーターミーティング開催


11月3日(祝・木)、V・ファーレン長崎は「J2第39節 長崎対北九州」の開催前の「トランスコスモススタジアム長崎」で「障害のある方たちのサポーターズミーティング」を行った。

ミーティングには付き添いの方を含めて15名が参加。V・ファーレン長崎からは服部順一GM、河野佑介(地域貢献推進部)が参加。参加者からは「障害のある方への招待券やシーズンパス」、「スタジアム内の移動」「駐車場」をはじめ、「障害のある方に優しいスタジアムは、健常者にとっても快適なスタジアムなのだから、積極的に取り組んで欲しい」といった意見や要望が出され、クラブスタッフと活発な意見交換が行われた。

またミーティングの途中にはスタジアムへ到着した高木琢也監督が急きょ参加。参加者と記念撮影を行うなど嬉しいサプライズも行われた。

reported by 藤原裕久

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック