大分トリニータ気鋭の「頭脳」が語るJ1再開と展望(J論)

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【トピック】2017必勝祈願

1月21日(土)、V・ファーレン長崎は長崎市内の諏訪神社で2017シーズン必勝祈願を行なった。

必勝祈願には、治療や大学での試験のために不参加の2名を除く25名の選手と高木監督以下トップチームスタッフ、フロントスタッフの計25名が参加。祈願後、高木監督はメディアの取材を受けて「長崎で5回目の必勝祈願になるということですが、欲を出し過ぎないように・・目標は一つなので、それをお願いしました。チームは今、状態も良く良い雰囲気でやっています。多くの選手が入れ替わりはしたんですけど、目的ややるべきことも理解してくれていて、例年より良いモチベーションでやれていると思います。我々の目的は最低でもJ1昇格プレーオフ出場、J1昇格なのでそこを狙っていきたい」とコメント。

続いて村上佑介選手も「J1昇格をお願いした。去年の必勝祈願には(合流が遅れて)参加できなかったので、今年はこういう場に参加できて身が引き締まる思いです。半数以上の選手が替わったが、新チームとは思えないほどコミュニケーション取れていると思います。今年は結果で応えるシーズンにしたい」と語った。

reported by 藤原裕久

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック