『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

ViSta ~V・ファーレン長崎応援WEBマガジン~

【トピックス】選手会長、三浦雄也に会長の仕事について聞いてみた。


国内のサッカークラブ所属のプロ選手と、海外でプレーする日本人プロサッカー選手が会員として運営している「一般社団法人 日本プロサッカー選手会(JPFA)」(以下:選手会)。各クラブの選手会はその支部として組織下にあり、各クラブの選手会会長は支部長としての役割も担っている。今季、その支部長として新たにV・ファーレン長崎の新選手会会長となったGK三浦雄也。普段はあまり見えない選手会や選手会長の仕事について話を聞いてみた。

-新しい選手会長に選出された経緯を教えてください。
三浦 前田(悠佑)さんが、ずっと選手会で副会長というか補佐をやっていたんですけど、その前田さんから「選手会長をやってみないか?」と言われたんです。個人的にも、ずっとサッカー一筋で来たので、社会人として視野を広げたいなというのがあって、そういった活動にも興味があって引き受けました。

-選手会長の仕事とは具体的にどんなものなんでしょうか?
三浦 日本プロサッカー選手会というのがあって、V・ファーレン長崎の選手会もその支部みたいな扱いなんですけど、その日本プロサッカー選手会と連絡を取るのが主な仕事ですね。内容的には選手のセカンドキャリア支援や、情報提供や交換、税金やその対策といったことまで幅広いですよ(笑)。

-選手会会長として仕事は大変ですか?
三浦 これまでやってこなかったような作業が多いので、そこは大変ですね(笑)。みんなの意見を収集したり、集約させたりするのもそうですし、クラブとも話し合ったりすることもやっています。


-ピッチの外で選手たちをまとめるのも苦労だと思いますが?
三浦 こういった活動に余り感心がない選手もいますが(笑)、前田さんが副会長をやってくれて、補佐してくれるのでやれています。何かあったら前田さんに相談して、それから僕がやるっていう感じですね。前田さんは、僕にとって相談役のような存在ですね。

-自分ではどんなタイプの選手会会長だと思いますか?
三浦 ガンガン引っ張るってタイプじゃないですね。どちらかと言えば支えるタイプだと思っています。だから、選手会長ではありますが、みんなをまとめるリーダーとかじゃなく、マネージャー的な存在の方が近いかもですね。相談されたりすることも多いですから(笑)。

-今季は、選手会会長とV・ファーレン釣り部の部長、ピッチ外で2つもリーダーになってますね(笑)。
三浦 個人的には、何とか釣り部と選手会の活動が上手くコラボできたらな・・とは思うことがありますよ(笑)。選手とサポーターによる釣り大会とかは、ずっと前から本気でやりたいと思ってるんですよ。ぜひやりたいんですよね(笑)。

-ぜひ、やりたいですね、それは(笑)。
三浦 本当にやりたいんですよ。でも、結構本気で勝ちにいきますよ(笑)。

reported by 藤原裕久

V・ファーレン長崎応援WEBマガジン「ViSta」 とは

ViSta(ヴィスタ)は、V・ファーレン長崎の設立以来、クラブを最も身近で見続けてきた、スポーツライター、藤原裕久がV・ファーレン長崎の話 題を中心に、サッカーに関わる出来事を取り上げていくWebマガジンです。「V・VAREN長崎」×「Stadium」でViSta!英語の 「Vista(展望、眺望)」と同じ綴りですが、途中のSは大文字です。そこにはスタジアムを「Supporter」で埋め尽くしたいという願いを込めました。

サッカークラブには、人、街、世界を変えるだけの力があります。その力の源は、選手、スタッフ、サポーターをはじめとしたクラブに関わる全ての人たちです。そんな人たちの物語やクラブの歴史、今起きていることを伝えていきます!

【プロフィール】
藤原裕久(ふじはら ひろひさ)
長崎在住のスポーツライター。V・ファーレン長崎オフィシャルライター、Jリーグ登録フリーランスとして、クラブ公式サイトやホームゲーム時のマッチデイプログラム、サッカー専門誌などに寄稿。V・ファーレン長崎に関してはクラブ発足から関わっている。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

ご自宅で、移動中で、出張先で、いつでも好きな時にプレミアムコンテンツが読める。

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ