『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催〈〆切間近〉

ViSta ~V・ファーレン長崎応援WEBマガジン~

【ショートインタビュー】 三好毅典GKコーチ~紆余曲折を経て守備の形ができた~

長崎がJ1自動昇格を達成した理由として「選手の努力」「巧みなベンチワーク」と共に、「質の高いトレーニング」をあげる声は多い。今回は高木監督のもとで、そのトレーニングを実践していった『チーム高木』とも言えるスタッフの1人で、監督と共に長崎を5シーズンに渡って支える三好毅典GKコーチに話をきいた。


-今シーズンの守備についてGKコーチとしてどのように評価しますか?
過去5年の中で、一年を通して選手たちが一番安定したプレーを見せてくれたシーズンだと思います。その中でも5失点や3失点した試合もあったけど、修正ができたことが大きかったし、そういった紆余曲折を経て守備の形ができたんだと思います。J2には色んなタイプのチームがいて、長いボールを入れてくるところもあれば、岐阜や名古屋のようにつないでくるチームもあります。それぞれのチームには、それぞれの守備が必要で、監督が示す方向を選手たちがやれていったのが大きかったですね。

(残り 863文字/全文: 1271文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ