『サッカーパック』37メディアが1550円で読み放題

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【トピックス】九州プリンスリーグの日程発表

先日、V・ファーレン長崎U-18が参加する「高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2018(以下:プリンスリーグ九州)」の日程が発表された。今季のプリンスリーグ九州に参加するチームは以下の10チーム。

筑陽学園高校(福岡県)
大津高校(熊本県)
九州国際大学付属高校(福岡県)
サガン鳥栖U-18(佐賀県)
大分トリニータU-18(大分県)
V・ファーレン長崎U-18(長崎県)
鹿児島城西高校(鹿児島県)
長崎総合科学大学附属高校(長崎県)
神村学園高等部(鹿児島県)
日章学園高校(宮崎県)

大津高校がプレミアリーグWESTから降格し、昨季の九州プリンスリーグ1位の鳥栖と2位の長崎総科大附属がプレミア参入戦で敗れたために、プレミア参入を現実的な目標とするチームが昨季以上に増えることになる今季。V・ファーレン長崎の育成部門は、松田浩 育成本部長が就任し、昨季までU-18監督を務めていた森保洋氏がアカデミーダイレクターに就任。それに伴ってU-18も監督・コーチ陣が交代したいわゆる新体制で臨むこととなるわけだが、その中で昨季の6位を上回る成績と戦いぶりを期待したいところ。

トップチームのキャンプにも帯同した田畑篤郎

今季のU-18は、1年時からレギュラーを務めるDF江川湧清の故障があるものの、トップチームで2種登録されたFW山本廉、強さのあるDF田畑篤郎、スピードと運動量のある増田開志、U-15からの生え抜きでもあるDF酒井亮、そして昨季の故障から復帰したFWの岡野凜平など、各ポジションにタレントが揃っており面白い戦いはできると思う。今季からU-18の指揮を執る北内耕成監督は、浜松開誠館中学校・高等学校を率いた2009年以来のアカデミー年代の指導であり、初の監督ではあるが、どのような戦いを見せてくれるのかという点も注目していきたい。

故障から復帰。勝負強さと鋭い動きで期待のかかる岡野凛平

九州プリンスリーグ日程は下記
4月8日  第1節 :vs.大分トリニータU-18(大分スポーツ公園サブA)
4月14日 第2節 :vs.サガン鳥栖U-18(ベストアメニティスタジアム)
4月21日 第3節 :鹿児島城西高校(長崎県体育協会人工芝グラウンド)
4月28日 第4節 :九州国際大学付属高校(春日公園球技場)
5月3日  第5節 :筑陽学園高校(長崎県体育協会人工芝グラウンド)
5月5日  第6節 :神村学園高等部(長崎県体育協会人工芝グラウンド)
6月23日 第7節 :日章学園高校(日章学園高校)
7月7日  第8節 :大津高校(大津町運動公園球技場)
7月14日 第9節 :長崎総合科学大学附属高校(長崎県体育協会人工芝グラウンド)
8月18日 第10節:大分トリニータU-18(長崎県体育協会人工芝グラウンド)
8月25日 第11節:筑陽学園高校(福岡フットボールセンターBコート)
9月1日  第12節:九州国際大学付属高校(長崎県体育協会人工芝グラウンド)
9月8日  第13節:長崎総合科学大学附属高校(十八銀行フィールド)
9月15日 第14節:サガン鳥栖U-18(長崎県体育協会人工芝グラウンド)
9月22日 第15節:鹿児島城西高校(鹿児島県立サッカー・ラグビー場B)
10月6日 第16節:神村学園高等部(神村学園人工芝)
11月23日 第17節:日章学園高校(長崎県体育協会人工芝グラウンド)
12月1日 第18節:大津高校(鹿児島県立サッカー・ラグビー場C)

reported by 藤原裕久

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック